紫外線対策にはコスメの前に拭き取り化粧品の使用を

曇りの日や、寒い季節でも、紫外線は地面に届いていますので、紫外線から常に肌を守るようにしましょう。年間を通して紫外線は降り注いでいますが、やはり春から夏にかけては紫外線対策にはとても重要な時期です。夏が紫外線も強く、日焼けもよくしる季節ですが、夏でなくても紫外線の強い日があることを知っておくことが大事です。気温の差が激しくなる季節の変わり目は、肌の温度も不安定になり、敏感肌になりやすい時期でもあります。気候の変化が肌を弱らせている中で、強い紫外線が照射されると、紫外線の悪影響が肌に及びやすくなって、肌トラブルを引き起こしやすくなります。最近は日焼け止めだけではなく、化粧下地やファンデーション等のコスメにSPFやPAといった紫外線対策がされているものがあります。肌に塗るものだけで紫外線をシャットアウトしたくても、できないことが実情です。紫外線の対策として是非取り入れていただきたいのが、拭き取り化粧品の活用です。肌へのダメージを減らすには拭き取り化粧品は使わないほうがいいと考えている人もいますが、この頃は肌に負荷のかからないタイプもつくられています。肌に溜まっている古い角質を拭き取り化粧品で拭き取った後、化粧水や美容液、クリームや乳液といった基礎化粧品でお手入れします。メイクをする時に、まず素地となるお肌をきれいにしておけば、化粧もよりきれいになれます。このひと手間を加えることで、今までと同じコスメでも、より化粧崩れがしにくく、紫外線に負けない肌を作ることができます。ボンキュートならダイエット・バストアップが同時にできるって本当?